【華鬘 Keman (“Flower Garland” Temple Decoration)】江戸時代

【華鬘 Keman (“Flower Garland” Temple Decoration)】江戸時代

江戸時代、(Gilded bronze)の華鬘は、日本の仏教寺院や神社などの宗教施設において使用された美しい装飾品です。華鬘はしばしば、寺院の内陣や神社の祭壇などに飾られ、神聖な空間を飾るために使用されました。

「Gilded bronze」は、青銅(ブロンズ)の表面に金箔や金メッキを施すことを指します。これにより、華鬘は美しい金色や光沢を持ち、豪華で格式のある装飾品となりました。

華鬘は通常、花や葉、鳥、動物などのモチーフが施され、細かな彫刻や彩色が施されていました。これにより、宗教的なシンボルや意味が表現され、神聖な雰囲気を強調する役割を果たしました。

江戸時代の日本では、華鬘は仏教寺院や神社の建物や祭壇に飾られ、宗教儀式や儀式的な行事の際に重要な役割を果たしました。これらの装飾品は、宗教的な儀式や信仰活動の一環として、美的な要素と精巧な工芸技術が組み合わさって制作されました。

華鬘は、日本の宗教文化と工芸の重要な一部であり、その美しさと意味深さは今日でも多くの人々に感銘を与えています。

「ケーマン」(サンスクリット語: कुसुममाला)は、文字通りには「花の花輪」という意味で、通常は青銅製で、丸い扇状(うちわ)の形をした装飾的なペンダントディスクを指し、仏教の像の上にある寺院の内陣の梁から吊るされています。これらは、古代インドで貴族に捧げられた新鮮な花の花輪が起源とされています。

出所:メトロポリタン美術館

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

カテゴリー

ページ上部へ戻る