三彩釉陶駱駝載楽俑-唐時代-中国国家博物館収蔵-撮影:ZhangYan

三彩釉陶駱駝載楽俑-唐時代-中国国家博物馆収蔵

1957年に陝西省西安市ある鮮於庭誨の墓から出土されました。ラクダの頭の高さは58.4cm、頭と尾の長さは43.4cmです。踊る人形の高さは25.1cmです

ラクダは直立し、成人男性5人を乗せていました。真ん中の一人が踊っていて、他の4人が座って遊んでいます。手に持っている楽器は残りのピパだけで、夏鼐さんの調査によると、一人はピパを弾き引き、一人は篳篥を吹き、もう二人はドラムを弾くはずで、いずれも胡音楽に属しています。ラクダの馬車の陶器の置物は、人間とラクダの比率を巧みに誇張しており、美しく鮮やかな形、明るくしっとりとした釉薬が唐三彩の最高レベルを表しています。

唐王朝には、中央アジアから多くのミュージシャン、歌手、ダンサーが長安市に滞在していました。

三彩釉陶駱駝載楽俑-唐時代-中国国家博物馆収蔵-撮影:ZhangYan

三彩釉陶駱駝載楽俑-唐時代-中国国家博物馆収蔵
三彩釉陶駱駝載楽俑-唐時代-中国国家博物馆収蔵-撮影:ZhangYan
三彩釉陶駱駝載楽俑-唐時代-中国国家博物馆収蔵
三彩釉陶駱駝載楽俑-唐時代-中国国家博物馆収蔵-撮影:ZhangYan

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る