【三十七 唐朝 · 拾得】書画:王英文-南山老人

【三十七 唐朝 · 拾得】書画:王英文-南山老人

【三十七 唐朝 · 拾得】書画:王英文-南山老人

雲山疊疊幾千重,幽谷路深絶人蹤。
碧澗清流多勝境,時來鳥語合人心。

【三十七 唐朝 · 拾得】書画:王英文-南山老人
【三十七 唐朝 · 拾得】書画:王英文-南山老人

拾得(じっとく、生没年不詳)は、中国・唐代に浙江省にある天台山の国清寺にいたとされる伝説的な風狂僧。豊干禅師に拾われて仕事を得たのが、名前の由来とされる。寒山と拾得は仲が良く、いつも子供のように遊び回っていた。その様子があまりに風変わりだったため、後世の人によって特別視され、寒山は文殊菩薩、拾得は普賢菩薩の化身とする説が生まれた。
寒山と共に有髪の姿で禅画の画題とされる。巻物を持った姿で描かれる寒山に対して、拾得は箒を持った姿で表現される。出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る