【北から】天府緑道の旅、異なった文化短編を読み-成都

【北から】天府緑道の旅、異なった文化短編を読み-成都

 1959年から、アメリカの環境保護主義作家チャーリー・ライトが「緑道」という言葉を創造して使用しました。その後数年間、緑道はアメリカ、イギリス、フランスなどのヨーロッパのデザイナーによって景観設計に運用され、交通管理部門から緑色の道にたとえられました。
 2010年9月、成都では「緑道」という言葉を使って道路を作り始めました。2018年7月、成都は既に天府緑道1585キロを建設しました。田園風景、湿地公園、健康的な遊歩道だけでなく、沿線文化遺跡、記念園院などを連結して、心をリラックスさせながら、文化短編と一緒に歩くようにしましょう。

写真提供:成都市文物信息中心

 天府緑道の環状線の手がかりによって、それぞれ東南西北の4つの方向で散在する文化の短編をお話ししましょう。

北から
成都の北大門【錦門古街】から歩きましょう。

錦門 撮影:jin11

 錦門、百年前の成都北大門、三河場は「北城金錠」と言われた千年の有名な町です。今、錦門の古い街はまた昔の様子を回復して、南方の絹織物の道の起点の上の商人の往来を述べていて、万商公館街、百年の屋敷坊の古い成都のにぎやかな記憶を巻き起こしました。

勧業場 撮影:jin11

 四川絹織物博物館、勧業場、錦華館、老南門吊脚楼、謝無量公館などの古い成都の歴史建築が再現されています。また錦門は桑養蚕、蚕神祭祀が現れ、シルク産業の体験文化区を設けています。蜀の刺繍、漆器などの国家級無形文化財もここに現れて、人々は蜀の刺繍の魅力を感じることができます。

宝光寺  仮 写真変更中

 錦門文化観光広場から北に進み、中国南方の四大仏教ジャングルの一つである宝光寺に足を踏み入れ、中国の初期の仏教寺院「寺塔一体、塔占拠中心」の典型的な配置を読み、寺院は一塔、五殿、十六院から構成され、四方の赤い壁に囲まれ、緑の木がまつわります。

宝光塔   仮 写真変更中

 高さ30メートルの13段の密なひさし式の四角形のレンガの塔は庭の中央にたたずんで、第6階から宝塔は西に傾いて、また“東方の斜塔”を比喩されて、その上千百年来塔の身はほこりを染めないで、奇跡と言えます。

仮 写真変更中

 夏はハスの花を見て秋は桂を鑑賞して、1杯の清茶は心の脾臓にしみ込みます。詩を吟じて作画する南亭のところで、古今笑って歌の中で語っています。」これは新都桂湖の至高の賛美であり、楊昇庵に対する最高の懐かしさでもあります。

仮 写真変更中

 この「南亭」という官署の庭園は唐代の初めに建てられました。明代の有名な学者楊昇庵は桂湖と改名して、今なお使われています。

仮 写真変更中

 青白江城廂鎮は、1400年の県治の歴史を持つ千年の古い都市です。秀川書院に入ると、宋代の痕跡を探して、南向きの四合院に座って、差し斗式木質構造を、青瓦懸山屋面、粉壁黛瓦、花格門窓、石道通幽、その庭園構造は奥深いです。庭の前には松柏が植えられていて、木陰が庭いっぱいに広がっています。依然として夜清川西地区の庭園建築の姿を見つけることができます。

西街  仮 写真変更中

 文廟の二重軒山式と瑠璃瓦面で、黄瓦朱格、金色の碧が光り輝いて、荘厳で雄大です。武廟の高さは12メートルで、高さは11.1メートルを超える文廟です。1メートルぐらいですが、このような武廟は文廟を超える現象は全国でもまれです。
三百メートル余りの西街に歩きますと、大通りの両側の大部分は古い街の元の清代、民国時期の民家と街の建物が残されています。また4つの路地を繋がっています。三清観、質屋、陳家祠、県役所などもこの街の昔のことを思い出してくれます。

パンダ基地  仮 写真変更中

 錦官城天府蜀都第一門に沿って、玄奘記念園を経て五丁開山園に行きます。パンダ基地は見なければならないところです。ジャイアントパンダはこれまで、少なくとも800万年は地球上で生きてきました。「生きた化石」と呼ばれる唯一の哺乳動物です。

仮 写真変更中

 1957年から1982年までの26年間に、中国は全部で9つの国家の23匹のパンダに贈呈して、国外にジャイアントパンダを贈呈しますかまた借りますか、友好関係を増進するのは確かに特別な外交ルートです。
 最も有名な「パンダ外交」は1972年に発生しました。 米 中外交上のハネムーンを成し遂げました。その年の4月26日、「玲玲」と「興興」が専用機で北京からワシントン国家動物園に到着した時、8000人のアメリカの観衆から雨の中を迎えられて、開館して観衆に会いました。

仮 写真変更中

 晋代左思は「蜀都賦」の中で、「望の天回、すなわち雲が失神する」と書いています。天回鎮千年前は、古代蜀道の起点だった。現代作家の李劫人が書いた長編小説「死水微澜」で有名です。町の老舗の豆花麺、皇城壩の牛肉、粉の蒸し牛肉と各類の豆腐の宴は有名です。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る