中国博物館協会デジタルミュージアム委員会2019年次総会と「文化財デジタル保護技術の応用」というシンポジウムは桂林博物館で開催

中国博物館協会デジタルミュージアム委員会2019年次総会と「文化財デジタル保護技術の応用」というシンポジウムは桂林博物館で開催
参会者集合写真-撮影:上海市歷史博物館 張毅

 シンポジウムは故宮博物館、首都博物館、南京博物館、上海博物館、浙江省博物館などの研究機構を90個誘致し、合わせて研究者が 200人余り 参加しました。

上海市歴史博物館‐胡江 
撮影:上海市歷史博物館 張毅

 シンポジウムは中国博物館協会、広西桂林市文化広電観光局、桂林博物館から協力を得ました。

撮影:上海市歷史博物館 張毅
撮影:上海市歷史博物館 張毅
撮影:上海市歷史博物館 張毅

「南京博物院特別展の運営統計モニタリング試験」、「講座に基づく行動データ分析」、「文化財文献デジタル化応用の現状とトレント-国家博物館を例に」、「館蔵文化財の三次元デジタル化応用体験」、主旨報告「文化遺産デジタル化保護探査」などのレポートは発表されました。各種情報化技術の応用によって、博物館運用対して効率性、安全性、利便性、データとリソース共有など、多いにメリットを寄与しまた。これからみらい博物館のスマート化に推し進めの強力なエネルギーとなります。
習近平総書記は「博物館は大きな学校です。中華民族の伝統文化が凝縮された文化財を保護し、管理し、同時に研究と利用を強化し、歴史を話し、文化財に話をさせ、祖先の業績と光栄を伝え、民族の自尊心と自信を強めるとともに、歴史の挫折と教訓をよく覚え、回り道を少なくし、より良い前進を図る。」
 各指導者からの支持のもと、何代かの博物館人が35年にわたる懸命な努力によって、博物館の情報化建設の成果はすでに少しずつの積み重ね、発展道上の束縛を打ち破りました、歴史的な文脈を駆け抜けながら、川へと収束しました。しかし、インターネット+新時代の急速な更迭に伴って、情報化技術は幅広く深く変化し、博物館の発展は新たな情勢の新たな課題に直面しており、博物館の関係者にも新たな要求が出された。私たちはチャンスを掴んで、挑戦を迎えて、革新の旗を高く掲げて、困難が重なるほど、私たちはもっと強い自信を持って、より力のある措置で博物館の情報化建設を絶えず推し進めていきます。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る