七月一日題終明府水樓二首其一-杜甫千詩碑-浣花溪公園-成都杜甫草堂博物館-書:范揚

七月一日題終明府水樓二首其一-杜甫千詩碑-浣花溪公園-成都杜甫草堂博物館-書:范揚

【七月一日題終明府水樓二首其一 杜甫】范揚 書


高棟曾軒已自涼,秋風此日灑衣裳。
翛然欲下陰山雪,不去非無漢署香。
絕辟過雲開錦繡,酥鬆夾水奏笙簧。
看君宜著王喬履,真賜還疑出尚方。

七月一日題終明府水樓二首其一-杜甫千詩碑-浣花溪公園-成都杜甫草堂博物館-書:范揚
七月一日題終明府水樓二首其一-杜甫千詩碑-浣花溪公園-成都杜甫草堂博物館-書:范揚

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る