モナ・リザ-La Joconde-ルーブル美術館-Musée du Louvre-パリ-フランス-2018年10月

モナ・リザ-La Joconde-ルーブル美術館-Musée du Louvre-パリ-フランス-2018年10月

イタリア モナ・リザの間

『モナ・リザ』(伊: La Gioconda、仏: La Joconde)は、イタリアの美術家レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた油彩画。上半身のみが描かれた女性の肖像画で、「世界でもっとも知られた、もっとも見られた、もっとも書かれた、もっとも歌われた、もっともパロディ作品が作られた美術作品」といわれている 。ポプラ板に油彩で描かれた板絵で、1503年から1506年に制作されたと考えられている 。もともとはフランス王フランソワ1世が購入した作品だが、現在はフランスの国有財産であり、パリのルーヴル美術館が常設展示をしている 。しばしば「謎」と表現される画題の不確かさ 、スケールの大きな画面構成、立体描写の繊細さ、だまし絵めいた雰囲気など、さまざまな点において斬新であったこの作品は、現在に至るまで人々を魅了し続け、研究の対象となってきた 。

モナ・リザ-La Joconde-ルーブル美術館-Musée du Louvre-パリ-フランス-2018年10月
モナ・リザ-La Joconde-ルーブル美術館-Musée du Louvre-パリ-フランス-2018年10月
モナ・リザ-La Joconde-ルーブル美術館-Musée du Louvre-パリ-フランス-2018年10月
モナ・リザ-La Joconde-ルーブル美術館-Musée du Louvre-パリ-フランス-2018年10月
モナ・リザ-La Joconde-ルーブル美術館-Musée du Louvre-パリ-フランス-2018年10月
モナ・リザ-La Joconde-ルーブル美術館-Musée du Louvre-パリ-フランス-2018年10月
モナ・リザ-La Joconde-ルーブル美術館-Musée du Louvre-パリ-フランス-2018年10月
モナ・リザ-La Joconde-ルーブル美術館-Musée du Louvre-パリ-フランス-2018年10月

ドゥノン翼 – 2階 – 展示室711 – 国家の間

ルフュエルの建築による「国家の間」は1859年以降、ナポレオン3世治下の立法審議会の会場に充てられていた。1878年に美術館に統合されると、もともとあった寓意的な装飾は取り除かれ、19世紀のフランス絵画がここに収められた。日本テレビ放送網株式会社の出資による4年間の工事の末、「国家の間」は2005年4月6日に公開された。これを機に、レオナルド・ダ・ヴィンチの《モナ・リザ》とヴェロネーゼの《カナの婚礼》は、すっかり新しくなった展示室にまとめられた。これらの大作は、建築家ロレンゾ・ピケラス設計の特別なガラスケースに保護され、合わせて展示されている。この2点の周りには、ヴェネツィア・ルネサンスの絵画など他の作品も展示されている。

モナ・リザ-La Joconde-ルーブル美術館-Musée du Louvre-パリ-フランス-2018年10月
モナ・リザ-La Joconde-ルーブル美術館-Musée du Louvre-パリ-フランス-2018年10月

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る