ルーヴル美術館-初編-Musée du Louvre-パリ-フランス-撮影:胡文弢

ルーヴル美術館-初編-Musée du Louvre-パリ-フランス-撮影:胡文弢

ルーヴル美術館(ルーヴルびじゅつかん、仏: Musée du Louvre)は、パリにあるフランスの国立美術館。世界最大級の美術館(博物館)であるとともに世界最大級の史跡のひとつで、パリ中心部1区のセーヌ川の右岸に位置する。収蔵品380,000点以上。先史時代から19世紀までの様々な美術品35,000点近くが、総面積60,600平方メートルの展示場所で公開されている。世界で最も入場者数の多い美術館で、毎年800万人を超える入場者が訪れ 、2018年は初めて1000万人を超えた 。 情報源: https://ja.wikipedia.org/wiki/ルーヴル美術館

ルーヴル美術館-初編-Musée du Louvre-パリ-フランス-撮影:胡文弢

パリの5日目に、ルーブル美術館は小雨で一掃されました。 ガラスのピラミッドが入った後、彫刻ギャラリーに直接行きましたここの彫刻は古代ギリシャやローマのスタイルとは異なりますが、現実の古典的な美しさも反映しています。 絵画は、美学教育において彫刻よりも認識されており、中国はより慎重であることがわかります。 彫刻を作った芸術家の名前の多くは受け継がれていません。 また、お気に入りの作品を見てアーティストを確認すると、フランス語の名前は覚えられませんが、情報を確認すると、実際に有名なアーティストであることがわかります。 文化の本質を真に理解するためには、この文明の母国語から学習を理解する必要があると感じています      原文作者:胡文弢

ルーヴル美術館-初編-Musée du Louvre-パリ-フランス-撮影:胡文弢
ルーヴル美術館-初編-Musée du Louvre-パリ-フランス-撮影:胡文弢
ルーヴル美術館-初編-Musée du Louvre-パリ-フランス-撮影:胡文弢
ルーヴル美術館-初編-Musée du Louvre-パリ-フランス-撮影:胡文弢

主人公たちがルーブル美術館で「Extra French」と「Dream of Paris」の2つの映画で走り、そのようなアートスペースで走っているシーンを思い出しました。 ラッキー   原文作者:胡文弢

ルーヴル美術館-初編-Musée du Louvre-パリ-フランス-撮影:胡文弢
ルーヴル美術館-初編-Musée du Louvre-パリ-フランス-撮影:胡文弢
ルーヴル美術館-初編-Musée du Louvre-パリ-フランス-撮影:胡文弢
ルーヴル美術館-初編-Musée du Louvre-パリ-フランス-撮影:胡文弢

ルーヴル美術館が、フランス王室のコレクションを基に1793年に開館した際、過去の「偉大な様式」の復興を目指して、未来の芸術家を教育するために、偉大な手本を提供するという明確な目的がありました。今日でも展示室には常に学生や模作の制作者がいるものの、美術館の実態は大きく変わりました。ルーヴル美術館には毎年、あらゆる国と文化圏から六百万人近い見学者が訪れ、それに応じて様々な美術館の見方があります。しかし、ほぼ普遍的と言っていいほど、いくつかの「傑作」を人々がとりわけ熱心に鑑賞するのは、鑑賞者の国籍や文化を問わず、それが心を打つからでしょう。
紀元前4世紀のギリシアの哲学者プラトンは、いかなる芸術家も「理想美」に到達することはできないと記しました。芸術家は常に、この至高の、時を超越した美という問題に直面し、その時代と個々の天分を反映した解決法を提示してきました。こうした芸術家の応えのうちいくつかは、今日なおその反響が見られます。
しかし、19世紀になって、芸術作品は新しい役割を引き受けるようになり、「傑作」は必ずしも、目を楽しませるための美的な抽象概念である「美」の同義語ではなくなりました。いくつかの作品には、芸術に関するこの新しい考え方が反響しており、多くの点で現代社会における芸術作品の地位やあり方を予告しています。 情報源: https://www.louvre.fr/jp/

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る