「最も美しい微笑」から「精緻な瓔瓔」まで【映世菩提】展-成都博物館

「最も美しい微笑」から「精緻な瓔瓔」まで【映世菩提】展-成都博物館

原文・写真提供:成都博物館

展覧名称:【映世菩提】 展

会期:会期:2020年1月14日-2020年5月24日
主催:成都博物館
会場:成都博物館 -F1特別展ホール

 仏像の前に足を止めて、あなたはその落ち着いているほほえみに感染したのですか?それとも精巧で繁雑なアクセサリーに惹かれますか?それとも、人の心に届くような迫力に圧倒されますか?

 仏教は東漢末にインドから中土に伝来した後、造像芸術も中国に着地しました。その後、中国仏教はインドの仏教文化と芸術を吸収した上で民族化の革新を続けています。各時代の審美、信仰、社会風俗は仏像に深く焼き付けられています。

 2020年1月14日、今年、成都博物館【映世菩提】の特別展が1階の特別展示室で開かれ、南北朝の時期に仏教の重鎮益州、邺城、青州などからの102点/セットの仏教芸術作品が千年を越えて蓉城に集まって、仏像芸術の盛宴を享受し、仏の造像の芸術の美を味わうように観衆を招待します。展覧会は新たな角度で成都の南朝像を見つめ直し、中国仏教史における重要な地位を明らかにし、当時の涼州、建康、青州、_;城などと同時に仏像の造像に対する比較を通じて、文化交流と中外文明の融合を説明します。

千年を超す「最高の微笑」

 仏像は人々の心の中のすばらしい願望を託して、歴代の像を作って職人達の巧みな手の下ですべて厳かで調和がとれている美感を現します。「美」に対する理解は時代ごとに違っていますが、「微笑」はいつまでも誠実さと善意を表す最高の表情です。龍門盧舎の大仏の神秘的な微笑から、雲岡第20窟の禅定仏の威厳の微笑まで、安岳の仏院の涅槃仏の淡然とした微笑まで……中国の仏像の顔は多くほほえんで世間の人に直面します。

彩絵石彫刻思惟菩薩像 青州市博物館蔵

 1996年,青州龙兴寺出土400余尊造像,以出土数量之大、种类之多、雕凿之精美闻名于世界,是迄今中国发现数量最多的窖藏佛教造像群之一。除了外来特征最为鲜明的“青州样式”,青州造像令人难忘的,还有佛造像的微笑。微微一笑,是最生动的表情,含蓄恬静,抚慰人心,似乎在其身体中都涤荡着一种愉悦。本次展览中,青州市博物馆的彩绘石雕思惟菩萨像,人情味十足的微笑尤为动人。走进这尊独自沉思的思惟菩萨像,让人不由得陷入美的沉思中。

瓔瓔荘厳身の菩薩

侯朗造立仏像 四川博物院蔵

 仏の像作りには、仏の脇侍として、菩薩像が多く使われています。菩薩は普通に身に着けるのが極めて精巧で美しくて、服飾は優雅で、しかも多く瓔のアクセサリを身につけます。瓔は菩薩像に冠、耳鈴、首飾り、胸飾り、腕の腕輪、腕の腕輪などの厳身の具をつけた総称で、紀元1~5世紀の煥陀羅地区(今のパキスタン北部とアフガニスタン東北国境一帯)から源を発し、出家前貴族の装いをしたシッダード太子の姿を基にしています。北周の時、長安地区の菩薩像は精巧で美しい瓔瓔の装飾が流行していました。早期の瓔陀羅スタイルの継承であり、その基礎の上に中国化の発展がありました。成都の下同仁路、商店街などから出土した北周の仏像も瓔湖の装飾が流行しています。北周で四川を次第にコントロールした後、南北の造像スタイルの融合が見られます。仏教の文化が盛んになるにつれて、菩薩の姿も我が国の服装に影響を及ぼし始めました。数年の漢化を経て、瓔湖は人々の日常のアクセサリーになりました。

「褒衣博帯」から「青州様式」へ

 魏晋の時期から、政治は揺れ動いて、経済は衰退して、多くの文人の医者はあるいは政治の理想を実現したいのですが、また宦官の海で浮き沈みしますかます徹底的に世事を見抜いて天に帰る力がないと感じて、そこで内心に帰ります。持っています。南斉永明元年(西暦483年)の造像碑に登場した最初の明確な紀年の褒服博帯式仏像から、北魏孝文帝が漢化改革を実行した後、典型的な南朝風の褒服博帯式造像が大量に出現し、時代の特色を持つ審美が仏像の中国化において徹底的に体現されています。

菩薩立像 成都文物考古学研究院蔵(供図:成都市文物考古研究院江滔張雪芬)

 北朝末期になると、「青州様式」はこの時期の仏教の造像の顕著な代表となった。青州は南北二つの大きな仏教プレートの間にあり、南北仏教文化の交流に重要な役割を果たしました。北魏から東魏の初期にかけて、青州仏の造像は南朝の「秀骨清像」「褒衣博帯」の特徴を表しています。東魏末期は、インドの笈多造像芸術と南朝張僧繇の「顔が短くて艶がある」という芸術スタイルの影響を受けて、青州地区の仏造像芸術は「秀骨清像」の審美を変えて、「顔型がだんだん豊かになり、服の紋様が次第に簡潔になる」という薄着の仏像の新しいスタイルを形成し、地方特色のある「青州様式」を次第に発展させていきました。「青州様式」は南北朝末期の造像の中で外来の特徴が最も鮮明であると同時に、漢式仏像芸術とインドの笈多芸術の融合を体現しています。

貼り金彩絵菩薩立像 青州市博物館蔵

 1月14日から、成都博物館は観衆を誘って一緒に千年の時を越えて、共にこの世に類がない造像の芸術の盛大な宴会を鑑賞して、はるかに杜牧の筆の下で“南朝四百八十寺、どれだけのビル台の煙雨の中”の風采を思っています!

貼り金彩画石彫刻仏立像青州市博物館蔵

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る