芸術家-張小涛

芸術家-張小涛

現在、北京に居住,国際と本土の舞台にニューメディア芸術分野の代表人物
1970年 生于中国重慶に生まれ
1996年 四川美術学院油画専攻卒業
2010年 四川美術学院にニューメディア専攻創設
2010-2015 専攻の主任,副教授、修士指導
2016年 中央美術学院に博士号取得

展覧とプロジェクト:
2019年   【顕微事件-張小涛作品展】-銀川當代美術館
2018年  【量量歴険記》中国荔波国際動画祭り金賞を獲得
2016年1月 【ニューヨークタイムズ】国際版特別取材を受け
2011年-2012年 シリーズ“アジア最優動画賞”獲得
2011年 中国CCTV10【人物コラム】特別取材を受け
2009年3月 イタリア《flash art》雑誌の取材を受け
2008年 中国年度青年芸術賞を獲得
オタワ国際動画祭りなど
リンツ電子芸術祭り
オランダ動画ムービー祭り
第2回 プラハ双年展
第6回 モスクワ双年展
第55回 ヴェネツィア双年展
其の他、作品が国際、国内重要美術館、基金会、芸術センター及び個人コレクターに収蔵され

芸術家-張小涛
芸術家-張小涛

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る