甘孜県-カンゼ・チベット族自治州-四川-Garzê county-Ganzi Tibetan Autonomous Prefecture-Sichuan

甘孜県(かんし-けん、カンゼ、dkar mdzes)は四川省カンゼ・チベット族自治州北西部に位置する県。雅礱江の上流に位置し、県内は峡谷と高山が多く海抜は3,325mから5,688mにまで達する。
県名の「カンゼ (dkar mdzas)」はチベット語で「白く美しい」の意味。康熙元年(1662年)、ダライ・ラマ5世の弟子がこの地方に十三の寺院を建てたが、その中の第一の寺院は白く露出した岩の上に建てられたためカンゼと名付けられた[1]。これがゲルク派の大僧院カンゼ・ゴンパ(甘孜寺)であり、地名の由来でもある。

行政区画
鎮:甘孜
郷;呷拉、色西底、南多、生康、貢隆、扎科、来馬、昔色、卡攻、仁果、拖壩、斯俄、庭卡、下雄、四通達、奪多、泥柯、茶扎、大徳、卡龍、査龍

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る