狩猟紋銅壺-戦国時代-成都博物館蔵-四川成都-撮影:張艷

狩猟紋銅壺-戦国時代-成都博物館蔵-四川成都-撮影:張艷

口はあまりにも贅沢で、首は細くて長くて、楕円形の腹、低い丸足。肩の両側には対称的な補助首のリングのペアがあります。壺口の首から足まで、全身は七段に分けられています。それぞれの模様と紋様から構成されています。主題の図案は羽人の鶴図、狩猟図、三足の鳥の向日図などがあり、三組の図案の間には幾何形状の菱形の紋様、蟠k紋、雲雷紋などの紋様の間隔があります。壺の蓋の小さい太鼓、蓋の頂部には三つの編み物のボタンが分布しています。蓋面は三等分で、それぞれ同じ狩猟図が四方に張り巡らされています。

狩猟紋銅壺-戦国時代-成都博物館蔵-四川成都-撮影:張艷
狩猟紋銅壺-戦国時代-成都博物館蔵-四川成都-撮影:張艷
狩猟紋銅壺-戦国時代-成都博物館蔵-四川成都-撮影:張艷
狩猟紋銅壺-戦国時代-成都博物館蔵-四川成都-撮影:張艷
狩猟紋銅壺-戦国時代-成都博物館蔵-四川成都-撮影:張艷
狩猟紋銅壺-戦国時代-成都博物館蔵-四川成都-撮影:張艷
狩猟紋銅壺-戦国時代-成都博物館蔵-四川成都-撮影:張艷
狩猟紋銅壺-戦国時代-成都博物館蔵-四川成都-撮影:張艷

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る