綿竹年畫博物館-回瀾大道中段-四川德陽

綿竹年畫博物館-回瀾大道中段-撮影:肖菲舸-四川德陽
撮影:肖菲舸

綿竹年画博物館は綿竹市区城南にあり、展示室の面積は1600平方メートル余りで、収集、整理、研究、創造、出版、開発、販売、年画技法を伝授して新人を育成し、全国最大の年画館でも、ありま館内館内のコレクショ芸術芸価値が高いで、清代綿竹年画年大家黄瑞鵠の【迎春図】を代表として、専門家に清代の【清明上河図河】と称されます。

撮影:肖菲舸
撮影:肖菲舸
撮影:肖菲舸
撮影:肖菲舸
撮影:肖菲舸
撮影:肖菲舸
撮影:肖菲舸
撮影:肖菲舸
撮影:肖菲舸

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る