ようこそ金沙,ミリ象牙彫刻から万華鏡世界へ想像 【太平有象-明清牙雕藝術展】今日開催-金沙遺跡博物館

ようこそ金沙,ミリ象牙彫刻から万華鏡世界へ想像 【太平有象-明清牙雕藝術展】今日開催-金沙遺跡博物館

 2019年4月16日は成都金沙遺跡博物館の開館12周年記念日にって、「太平有象——明清象牙彫刻芸術展」が開幕し、今回、東莞市博物館、広東民間工芸博物館、四川博物館、成都文物考古研究院、成都金沙遺跡博物館からの百点余りの象牙製品と象牙彫刻の貴重品が展示されます。また、 今回展示に関連して、金沙遺跡博物館は公益支援団体国際愛護動物基金(IFAW)と共同で一連のインタラクティブ活動と社会教育活動を設計し、象牙と母体象の理念を観客に伝えます。

YD8_3318-1_副本.jpg
写真提供:金沙遺跡博物館

 展示場にまず目に入ったのは明清の中国式住宅の部屋で、文人雅士、名門の娘の生活ぶりです。その後、ヨーロッパの女性が香の扇子を手にして、中国と西洋の貿易繁栄時代に人を連れて、西洋の紳士淑女の生活場面があります。この展覧会に入ると、観客がその巧みな中国と西洋の文化交流がぶつかり合う時代に入ったようです。
 また、今回の展覧会の協力機関であるロンドン大学学院応用考古学センターは同日、正式に成都金沙遺跡博物館とプロジェクト協力書を締結し、双方がスマート博物館の建設、観客の調査研究、国際社会に古蜀文明の伝播などの面で引き続き協力することを約束しました。

古蜀象祭り、金沙から象牙数トン 出土
 紹介によると、「玉匯金沙-夏商時期玉文化特別展」、「金色の記憶——中国14世紀前出土金器特別展」に続いて、今回の展覧会は金沙の出土品の材質をテーマとした展示で、繊細な技法が生み出した独特の中国象牙彫刻の美しさを観客に味わわせます。
 考古学の資料によると、金沙遺跡は象牙を数トン 埋蔵しており、世界で同時期の遺跡の中で最も密集しています。ここで出土した肩担ぐ象牙紋玉璋は、 わたしたちはが3000年以上前に遡って 植物が繁茂し、水網が密閉されていた成都平原で、当時の古代蜀人がこれらの貴重な象牙で山川の神霊を祭る場面を連想します。
 西南方面に遠い内陸部が象牙を神聖な祭物と見なしている時、商周時期の中原で、象牙は貴族の力と地位の象徴でした。時代の変遷とともに、象牙製品は次第に王公貴族の独占から裕福な庶民の家に入り、明清の時期にピークまで発展し、千変万化、包括的な芸術品にへと発展しました。今回の展覧会で選ばれた象牙彫刻の貴重品は、この象牙細工の「集大成」の時代のものです。だから、「上品」と「精美」はそのキーワードであると言えます。

職人巧みな芸で,髪の毛より細い象牙の糸割り
「割り糸」は刺繍の中の巧みな技法で、象牙細工の中にも同じ名前の失われた技術があります。作ったものは髪の毛糸より細い象牙の糸で、絶妙で半透明の効果があります。
この展覧会では「割り糸」の「象牙の透かし彫り人物バッジ紋章の扇子」があります。細い象牙の糸を背景にして、農耕、商業貿易、官吏などを浮き彫りにします。東莞市博物館の保管部の楊暁東主任は、これもまた彼から 観客への「最高」展示品であると述べました。「その技術と配置はすべて感心させられ、繁密で煩雑ではなく、当時の広東製扇工芸の最高水準の代表作の一つであった」。

象牙劈丝透雕人物徽章纹骨扇(清)_副本.jpg
写真提供:金沙遺跡博物館

 失われた「糸割り」の技術は私達に限りない称賛と残念を残しましたが、ある技術はこれに匹敵する象牙彫刻の貴重品が今まで受け継がれています。展覧会の「象牙彫り龍紋鬼工球」は、象牙彫刻のすべての技法大成を完璧に集めています。完全な象牙彫刻からなり、層に重なって組みあわされています。各層は自由に回転できます。清時代人たちの部屋装飾の貴重な置物です。

素材と質による、「翠玉白菜」と同じ種類の象牙彫刻を出展
 素材と質によるのは中国の伝統的な手芸の一特色で、台北の故宮博物館所蔵の翠玉白菜はこういう職人の“巧”の想像によって、海外に名を驚かせました。今回の展覧会の中にもこのような巧みな象牙彫りの白菜があります。その葉は幾重にも重なっています。てんとう虫、キリギリス、ヒナギクが付着しています。彫刻の刀法は熟練して、精巧で繊細です。そのリアルなスタイルは玉キャベツと全く同じです。
 紹介によると、白菜は「百財」や「財を並べる」の語呂合わせで、キリギリスは「人が盛んになること」を意味し、古人の美しい宿願を託しています。清時代によく見られる彫刻の題材です。

象牙雕白菜(清)_副本.jpg
写真提供:金沙遺跡博物館

繊細巧みで、扇子一つに200人の人物を折り畳み。
 象牙は繁雑な色彩と結びついて、精彩画が終わったら、豪華な視覚のごちそうです。展示されている「象牙彫刻金人物両面の象牙人物折り扇」は、大人四人の掌に相当する大きさの紙扇面に200人近くの人物が描かれています。彼らの顔と手は極薄い象牙の片を貼っています、爪の半分しかない象牙の顔には、五感が細かく描かれています。衣服の素材は絹で織られており、手持ちの扇子の模様さえもはっきりと見えます。あずまや、橋と花庭遊びののどかな風景を作っています。

0416_1 (1).png
写真提供:金沙遺跡博物館

 丸彫り、レリーフ、エナメル彫り、織り、そしてマイクロ彫りなど、職人が使用するさまざまな彫り込み技法は、展示に独特の魅力を与えており、それぞれの作品は静観細賞に値するものです。展示品の上で時代積み重ねの印、さらに、中国と西洋が集まっている美意識と芸術の風格が凝縮されています。

東洋から西洋へ、海外で中国象牙彫刻が人気
 精巧な象牙彫刻の芸術品は、17世紀から19世紀にかけて、中国の海外貿易が盛んになってきた時代に、「中国趣味」と「中国技芸」を使い、当時の欧米世界を征服し、海外にも流行し、上流社会の間で人気の的となりました。アメリカ人観光客のオズモント・ティファニーさんが1844年に言ったように、「中国で、
この技術を見る前に、象牙があんなに柔らかくなるとは想像できませんでした。職人が鋭い刃物を使っています。彼らは子が父親の芸を跡継ぎ、本当に完璧でした。」
 この展覧会は多くの種類の外国向け象牙彫刻芸術品を用いて、「東風西漸」の鮮やかな絵巻を描いています。この中には象牙のジグソーパズルや九連環などの富家の弟子のおもちゃ、カードホルダー、レタープラグ、など上流社会の紳士になくてはならないものもあります。更に扇子やブローチなどの淑女の身につけるものもあります。中国と西洋の文化交流が見られます。

0416_1_副本.jpg
写真提供:金沙遺跡博物館
象牙浮雕花卉名片盒(清)_副本.jpg
写真提供:金沙遺跡博物館

 そのため、展覧全体の企画の過程で、IFAWはこの展覧のテキストコンテンツの作成、社会教育活動と講座のテーマ企画と手配などに深く参与しました。この展覧会の「象との共生」の章では、博物館の展示室を象牙彫刻という貴重な非物質文化遺産の生息地と保護地にするとともに、一般の人と一緒に象保護の道を実践し、象牙、象牙製品の商取引を拒絶し、象牙彫刻文化財の美を博物館で鑑賞すればいいと呼びかけています。展覧会が開かれた後、IFAWが企画した「小象を救うEMMA」の社会教育活動や「アジア象の現状と保護」の講座などが続々と金沙で開催されます。

0417_1 (1).jpg
写真提供:金沙遺跡博物館
0417_2.jpg
写真提供:金沙遺跡博物館

「太平有象——明清象牙彫刻芸術展」は6月23日まで展示されています。興味のある方は、展示室に入って中国の象牙細工の美しさをご覧ください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る