4月25日開始-夜の錦江観光-東門橋-東門大橋-ライトアップ-light up-四川成都

4月25日開始-夜の錦江観光-東門大橋-ライトアップ-light up-四川成都
杜甫の詩「春夜喜雨」「紅湿所を暁に見、花重錦官城」を創意の原点とし、光影で感動的な錦官城を描き出す。 簡潔で明快な照明ショーの中で、杜甫は一葉の扁舟に乗って光影の長い廊下の案内の下で、時空を越えて錦江の上に来ます。悠々たる琵琶の音の中に、人口に膾炙した五言絶句が儀式の幕を開けた。続いて、何枚かの携帯電話で撮った成都夜景図が共同で構成された「天府幻夜図」は200メートルの光と影の長い廊下に現れ、美しい光と影がゆっくりと「天府文化、成都物語」を述べています。
東門大橋-夜のライトアップ-四川成都
東門大橋-夜のライトアップ-四川成都
撮影:2019年6月8日
東門埠頭 撮影:2019年7月12日

関連記事

コメントは利用できません。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る