四川省のパンダ生息地-世界自然遺産

四川省のパンダ生息地-世界自然遺産

四川省のパンダ生息地 しせんしょうのぱんだせいそくち
世界自然遺産登録:2006年
場所:四川省
「四川パンダ生息地」には世界中のパンダの30%以上が生息している。チョンライ山系と挟金山山脈の間に7つの自然保護区と9つの風景区があり、総面積は9245k㎡。非常に整えられた環境で、パンダ保護だけでなく、繁殖基地でもある。またパンダを野生に帰す取り組みも積極的に行っている。
自然保護区(7ヵ所)
臥龍自然保護区はジャイアントパンダ及び森林生態系を主に保護。
蜂桶寨自然保護区はジャイアントパンダ及び森林生態系を主に保護。
四姑娘山自然保護区は野生動物及び森林生態系を主に保護。
喇叭河自然保護区はジャイアントパンダ及びヌーなどの希少動物を主に保護。
黒水河自然保護区ジャイアントパンダ及び森林生態系を主に保護。
金湯―孔玉自然保護区は希少動物及び生態環境を主に保護。
草坡自然保護区はジャイアントパンダと生態環境を主に保護。
風景名勝区(9ヵ所)
青城山・都江堰風景名勝区
天台山風景名勝区
四姑娘山風景名勝区
西嶺雪山風景名勝区
鶏冠山・九龍溝風景名勝区
夾金山風景名勝区
米亜羅風景名勝区
霊鷲山、大雪峰風景名勝区
二郎山風景名勝区
「四川省のジャイアントパンダ生息地」はジャイアントパンダに加えて、レッサーパンダ、ユキヒョウおよびウンピョウのような他の絶滅危惧種の重要な保護地域でもある。生息地の森林には植物学的に非常に重要で豊かな生態系が保持されており、5000 ~ 6000種の植物層の故地とされている。また、第三紀の原始熱帯雨林に相似していることが注目されている。

関連記事

コメントは利用できません。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る