大慈寺-四川成都-太古里-春熙路

大慈寺-四川成都-太古里-春熙路

大慈寺は成都市中心商業街春熙路、太古里、IFS近くにあります。本寺は3・4世紀創建と伝え、1600年余の歴史を持つとされています。唐時代の三蔵玄奘(602〜64)が622(武徳5)年春に受戒したことで知られています。そして、南宋時代、涪州人(重慶市涪陵区)の蘭渓道隆(1213〜78)が13歳に、本寺で出家しました。道隆はその後、1246(寛元4)年に日本に渡り、1253(建長5)年、時の執権北条時頼の創建した鎌倉の建長寺の開山となり、日本に純禅を伝来した僧として名を残します。このように、歴史に名を残した高僧が若くして修行したのが本寺であり、日本とも関係があるのです。本寺は唐宋代に栄え、その後、明代に火災に遭い衰え、清代の順治帝の時に再建され、今日に至っています。そして、2004年4月、正式に対外開放になりました。

 住所:成都市大慈寺路(蜀都大道)23号 拝観時間:8時〜19時

関連記事

コメントは利用できません。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る