合江亭-四川成都九眼橋

合江亭-四川成都九眼橋

住所:成都濱江路 料金:無料 24時間開放

合江亭は四川省成都市府河と南河が合流して府南河になったところにあります。1200年前に建てられました。合江亭塁基数尺、10本の亭柱は連体の双亭を支えています。構想は巧みで、味わいがあります。階段を上って,二河の風物を目の前に収める。合江亭は唐代の貞元の年間に川西節度使の韋皋によって建設され、北宋は再建され、最盛期に達し、官民の食事となり、市井の行楽のにぎやかな場所となった。合江橋の畔も時の人が舟に乗って川の主要な港を出るので、明代は錦官駅があって、清代に新しい船税所を置きます。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る