清渓窯-四川宋磁博物館所蔵品-四川遂寧-撮影:張艷

清渓窯-四川宋磁博物館所蔵品-四川遂寧-撮影:張艷

清渓窯は宋代四川窯の一つで、窯址は重慶巴県(現在は巴南区)清渓郷にあります。

清渓窯の焼造年代は北宋から南宋の末期まで、元の初め。梓桐壩窯は黒磁を焼くことを主として、白磁、青磁、白地の黒花、濃いあずき釉のプリントと擬鈞釉の磁器も作っています。黒磁器の胎質は白色、灰白色を中心として、黄白色、黒色、そして少量のかめの胎があります。化粧土はほとんど使いません。釉薬の色は黒、濃い黒、黒茶色、紺黒などがあります。窯は装飾が少なく、兎の毛模様、油滴とシャコの模様があります。お椀、皿、杯の口に白釉の縁を飾るのが好きです。つまり白塗りの装飾です。清渓窯の黒磁の風格は塗山窯と近いです。違いは清渓窯の胎質がもっときめ細かく、釉薬の色がもっと肥えて潤いがあります。華光村窯は白磁焼きを主とし、黒磁焼きもあり、白磁の胎質を細かく焼いたりして、白い胎が多く、釉は乳白色で、内は釉で覆われています。内底に細砂或砂を積み上げる跡があって、外の底は釉がありません。
胎の体は比較的に軽くて、火加減はわりに高くて、白度は比較的に悪くて、釉薬の色は青黄で、末期の皿、碗の内に多く渋の輪があります。

撮影:張艷
撮影:張艷
撮影:張艷
撮影:張艷
撮影:張艷
撮影:張艷
撮影:張艷

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る