蒲江県明月窯-四川成都蒲江県甘渓鎮明月村12組

浦江県明月窯-四川成都

 清康熙年間に建てられた明月窯は明月村の至宝です。この古窯の総延長は19.5メートルで、幅は5.5メートルで、龍窯の形によって一定の勾配に従って作られています。7つの単独窯倉に分けられています。各窯室がつながっています。独立性もあります。
 2012年12月、20代陶人の李敏さんが偶然明月村に来て、この古い窯を見つけました。彼女は蒲江県政府に「邛窯修復報告」を提出し、明月窯を検証しました。隋唐に始まり、四川省で数少ない「生きている邛窯」です。焼成技術は唐代の技術を完全に保存しています。彼女は明月窯を修復し、蒲江文脈を保存することを提案しました。

撮影者:趙霞
撮影者:趙霞
撮影者:趙霞
撮影者:趙霞
 撮影者:趙霞

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る