天府広場-四川成都

天府広場-四川成都

 成都市の心臓部にある広場。秦漢の時代から成都は既に大都市として賑わっていたが、紀元前347年(戦国時代)、蜀王がこの広場の付近に拠点(北少城)を設けたのが始まりで、以後、文化大革命で取り壊されるまでの間、ずっと皇城が存在し続けたという。地下は商店街、駐車場、地下鉄駅として活用されている。四川科技館の前に立つ高さ30メートルの毛沢東像と、その目の前に一直線に延びる広い道路(人民南路三段)が印象的。他には特段、広場自体に見るべきものはない。

地下鉄1号線(南北方向)、地下鉄2号線(東西方向)天府広場で交差する。

天府広場-四川成都
天府広場-四川成都 撮影:Likaidi
西側に成都博物館
西側に成都博物館
北側に四川科学館
北側に四川科学館
東側:PICC人保大厦
撮影:ValLys 2018年4月25日
南側に仁恒大厦、四川信託
南側に仁恒大厦、四川信託

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る