戦場跡地(江口沈銀)発掘調査により、結果が発表

戦場跡地(江口沈銀)発掘調査により、結果が発表-写真提供:雷玉華

 2019-2020年に四川彭山の江口,明代末期の戦場跡地(江口沈銀)の考古学的発掘調査により、重要な結果が発表されました。 発掘面積は約5000平方メートル、探査面積は約10000平方メートルで、金と銀器を中心とする約2,000の重要文化財を含め、1万以上の水中文化遺物が出土されています。 その中で最も重要なのは、金印です、この金印は四角印台、亀型の印ボタンであり、その印刷面には明王朝時代に蜀王世子が所有する「蜀世子宝」という文字が鋳造されています。これは蜀世子の象徴を表すだけでなく、代々受け継がれてきた蜀王府の宝物でもあります。

戦場跡地(江口沈銀)発掘調査により、結果が発表-写真提供:雷玉華
戦場跡地(江口沈銀)発掘調査により、結果が発表
戦場跡地(江口沈銀)発掘調査により、結果が発表-写真提供:雷玉華
戦場跡地(江口沈銀)発掘調査により、結果が発表
戦場跡地(江口沈銀)発掘調査により、結果が発表-写真提供:雷玉華
戦場跡地(江口沈銀)発掘調査により、結果が発表
戦場跡地(江口沈銀)発掘調査により、結果が発表-写真提供:雷玉華
戦場跡地(江口沈銀)発掘調査により、結果が発表
戦場跡地(江口沈銀)発掘調査により、結果が発表-写真提供:雷玉華
戦場跡地(江口沈銀)発掘調査により、結果が発表
戦場跡地(江口沈銀)発掘調査により、結果が発表-写真提供:雷玉華
戦場跡地(江口沈銀)発掘調査により、結果が発表
戦場跡地(江口沈銀)発掘調査により、結果が発表-写真提供:雷玉華
戦場跡地(江口沈銀)発掘調査により、結果が発表
戦場跡地(江口沈銀)発掘調査により、結果が発表-写真提供:雷玉華
戦場跡地(江口沈銀)発掘調査により、結果が発表

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る