【李槍】画家

【李槍】画家

李槍
 1993年に江蘇省教育大学を卒業し、現在は北京に住んでいます。
 1990年代の初めに、版画の作成を開始し、版画「トレース–シード」シリーズを作成しました。
 2009年、雑誌や本を媒体として「引き裂く」手法で画像の価値や意味を見出すようになり、さまざまなレベルの画像や情報が破壊され、再構築されて新たな関係を築き、作品「図書館プロジェクト」「世界新聞」など

個展
2019年 なぜニュースはいつもモノクロですか,アモイ
2018年 ドナウ川の光反射,ブダペスト
2017年 私が世界を引き裂く、あなたの模様を合わせます,北京転々会
2017年 肉体の啓示録,北京798 悦美術館
2016年 図書館計画シリーズ,アメリカ,ニューヨーク,Kaishangギャラリー
2014年 ゴッドクランブル,北京798,悦美術館
2007年 100個中学生の携帯日記,上海証大美術館
2002年 玩偶の家,上海頂層
1999年 李槍現代版画展,北京国際芸苑
1993年 李槍版画展,南京芸術学院

グループ展
2018年 原郷広安田野双年展,四川,广安
2017年 文明の反響;匠心へ至る,中央美術学院,景德鎮
2016年 図書館企画,中央美院CAFAAartMUSEUM双年展,中央美院美術館
2016年 引き裂く,中国油画双年展,中国美術館
2015年 あなたがわかる,北京民生美術館,民間のパワー
2013年 you know,中国当代芸術展,未曾有の声,ヴェネツィアビエンナーレでの並行展
2012年 100個中学生の携帯日記,オーストリアの左右国際美術展
2009年 道探す,美国Frederieke Taylor画廊
2008年 100個中学生の携帯日記,798芸術祭りテーマ展,北京
2007年 下町人文展,北京
2003年 無題,全国第八回,銅版画,糸網 石版 版画展 四川美術学院
2002年 李槍版画作品,当代版画学術招待展,四川美院
2001年 種のシリーズ,拡展と伸び,2001上海版画招待展
1997年 午休,江蘇版画新作展
1995年 延長の曲線,江蘇版画新作展
1993年 印鑑シリーズ,中国版画大展,全国第五回三版展,西安美术学院
作品主要収蔵先:オーストラリアンホワイトラビットミュージアム,中国美術館,中央美院美術館,上海美術館,国際芸苑美術館,江蘇美術館,四川美術学院美術館

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る