2020年2月【黔東南風土人情】画家:石金玲

2020年2月忘れられない年月【黔東南風土人情】画家:石金玲

 貴州省南東部、貴州省は、中国最大のミャオ族と世界最大の大勢の大勢の人々が集まる場所です。彼らの服や装飾だけでなく、は独特の建築様式があるため、作品、特に食欲をそそる食文化に明るい音楽と微妙なダンスも取り入れられており、都会のジャングルに住んでいるようです。素晴らしい、賞賛する、魂を洗うところです。

2020年2月忘れられない年月【黔東南風土人情】画家:石金玲
2020年2月【黔東南風土人情】画家:石金玲
2020年2月忘れられない年月【黔東南風土人情】画家:石金玲
2020年2月【黔東南風土人情】画家:石金玲
2020年2月忘れられない年月【黔東南風土人情】画家:石金玲
2020年2月【黔東南風土人情】画家:石金玲
2020年2月忘れられない年月【黔東南風土人情】画家:石金玲
2020年2月【黔東南風土人情】画家:石金玲
2020年2月忘れられない年月【黔東南風土人情】画家:石金玲
2020年2月【黔東南風土人情】画家:石金玲
2020年2月忘れられない年月【黔東南風土人情】画家:石金玲
2020年2月【黔東南風土人情】画家:石金玲

石金玲 貴州黎平生まれ 侗族
2008年貴州師範大学美術学院油絵専攻卒業
現在 貴陽に生活と仕事

個人展:
2017 身是客-個人作品展,重慶長江當代美術館,重慶
2016 躲不開的藍一一個人作品展,翰墨金石芸術館,貴陽
2016 石金玲夢境主題芸術沙龍品鑒展,高新区展館,貴陽
2008 入戲——個人油絵作品展,貴陽
団体展:
2019 像域一一貴陽当代芸術邀請展,雲和春天空間,貴陽
2018 化纖廠芸術区首個開放展,纖維空間,貴陽
2018 獵質一一中山国際当代芸術双年展巡展,中山美術館,中山
2018 獵質 一一 鄭州国際当代芸術双年展,彩虹盒子芸術中心虹館,鄭州
2017 芸術青島:景&境一一中国当代青年油絵作品展,贊一美術館,青島
2016 大成小市芸術展,798成当代芸術中心,北京
2016 中国当代芸術的自覚一一80,90後新銳芸術家作品展,水晶芸廊,上海
2016 咫尺之境——小幅絵画展,兌山美術館,廈門
2015 日本札幌芸術展,北海道,日本
2015 意味的空間三人展,藍頂頂空間,成都
2015 保利十周年當代青鋒芸術博覽会,農展館,北京
2015 春分当代芸術展,圓融芸術機構,蘇州
2014 第二屆香港バーゼル芸術展(ウレンズ当代芸術中心),香港会展中心,香港
2014 後語境——拡展的邊界和風化的故土,K11芸出館,香港
2014 後語境——拡展的邊界和風化的故土,chi K11芸術空間,上海
2013 後語境——拡 展的邊界和風化的故土,K11芸術空間,武漢
2013 無序的美学——K11駐村芸術家聯展,K11芸術村,武漢
2012 不連続——K11貴陽芸術村城市零件工作室十人展,華府芸術空間,上海
2011 妄想、空間、夢,当代芸術三人油畫作品展,藍頂青年芸術空間,成都
2010 後生代——當代芸術邀請展(第一回),798卓越芸術空間,北京
2010 補壹刀——K11.貴陽城市零件工作室開幕展,貴陽新世界K11,貴陽
2010 生活方式系列展之一:野地蔓延,藍頂美術館,成 都;名流芸術機構,上海
2009 歷史的記憶與描述:当代芸術精品展,檸檬画廊,深圳
2008 貴州省第四屆青年美術作品展,貴陽美術館,貴陽
2008 北京左右国際芸術節邀請展,左右美術館,北京
2008 色彩綻放、激越無限——貴州省青年美術家成立美術展,貴陽
作品出版:《貴陽當代芸術發展史》,《芸術当代》,《芸術廣角》,《美術文獻》,《芸術時代》,《画廊》,《貴州日報藏天下》,《新周刊》,《貴州日報》,《貴州都市報》,《貴州商報》,《貴州民族報》等
公共収蔵:成都藍頂美術館重慶長江当代美術館 北京卓越芸術空間 上海華府芸術空間 成都雅風画廊 成都頂空間
個人コレクター:北京 上海 香港 シンガポール 蘇州 杭州 広州 成都 昆明 南京 天津 武漢 貴陽 イギリス スイス 日本

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る