映世菩提-四川造-益州雰囲気-成都博物館

映世菩提-四川造-益州雰囲気-成都博物館

原文・写真提供:成都博物館

展覧名称:【映世菩提】 

会期:会期:2020年1月14日-2020年5月24日
主催:成都博物館
会場:成都博物館 -F1特別展ホール

 花を捻り笑って梵音を立て、仏教は東漢末から中国に伝わり、数百年の変遷を経て、南北朝に初めて発展のピークを迎えました。仏像は中国の古代彫刻技術と精神信仰の高度な融合を表しています。しかし、様々な理由から、南朝の仏教芸術作品は、北の時代に比べてはるかに珍しいものとして広く伝わっています。現在の主な考古学実物資料は南朝時代の重要な鎮の一つである益州に集中して発見されました。

 1月14日、成都博物館は2020年に「映世菩提」という特別展が始まります。成都、青州、邺城などの100点余りの独特な風格を持つ仏教の造像が集中的に展示され、多文化交流の下の浮図万象を演じます。今回の展覧会は新たな角度と視野で成都南朝像の造像を見直し、中国仏教史における重要な地位を解読し、これまで最も全面的に四川南朝像の全体像を展示する展覧会である。

映世菩提-四川造-益州雰囲気-成都博物館
阿育王頭像- 四川博物院蔵-映世菩提-四川造-益州雰囲気-成都博物館
映世菩提-四川造-益州雰囲気-成都博物館
阿育王像-成都博物館-映世菩提-四川造-益州雰囲気-成都博物館
映世菩提-四川造-益州雰囲気-成都博物館
南齊永明元年造像-四川博物院蔵-碑映世菩提-四川造-益州雰囲気-成都博物館
映世菩提-四川造-益州雰囲気-成都博物館
菩薩立像 成都文物考古研究院蔵(写真提供:成都市文物考古研究院 江滔 張雪芬)映世菩提-四川造-益州雰囲気-成都博物館
映世菩提-四川造-益州雰囲気-成都博物館
造像残石座 四川博物院蔵-映世菩提-四川造-益州雰囲気-成都博物館

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る