雒三桂-書画家-重慶大学芸術学院院長

雒三桂-重慶大学芸術学院院長
別署琴音堂主、南陽布衣、河内人など
1963年7月生まれ、河南省武陟県人
著名な文化史と美術史学者、書画家
中国美術家協会会員、中国画学会理事
中国芸術研究院篆刻院特任教授、中国人民大学画院特任教授 

雒三桂作品
現代有名な花鳥画大家の孫其峰に弟子入り、長期にわたり中国古代文化史、書画史研究に従事し、成果が豊富であり、また相当な学術的影響を有する。山水画は古代の名家を研究して、宋、元の各家で特に収穫があります。書道は中国の歴代の名家を模写して三十年間近く勉強しています。王羲之、顔真卿、米芇、王鐸などの研究が特に深く、行草書法に長じています。中国国家画院公共課の指導者を兼任し、、“2012ロンドンオリンピック美術大会”芸術審査委員会主任委員、山東京博集団博物館学術顧問、北京市観光発展委員会は「北京旅行文化使者」を特別招聘し、中央テレビ局デジタル書画チャンネル「美術評論」のゲスト司会者。人民美術出版社学術委員会委員、「中国美術」、「中国画学刊」などの雑誌編集委員または学術顧問、「中国書道大辞典」編集長。

関連記事

コメントは利用できません。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る