武侯祠博物館-四川成都

 成都武侯祠博物館(せいとぶこうしはくぶつかん)成都市を代表する観光スポットの一つで、中心部の武侯区に位置する。 三国時代の蜀の丞相・諸葛亮やその主君劉備などを祀る。 諸葛亮を祀った「武侯祠」と 呼ばれる祠堂は中国各地にあるが、その中でも有名なもののひとつである。 同地の歴史は紀元223年に遡ると言われており、入口にある「三国時代の聖地」(中国語:三国圣地)の石碑がこの場所の存在感を際立たせている。中の建造物には、お馴染みの劉備、関羽、張飛をはじめ、その他の三国時代を代表する武将たちの像がたくさん配置されている。また、敷地内には劉備の墓とされる「恵陵」と呼ばれる墳墓(日本の古墳に相当)もあり、歴史のロマンをかき立てられる材料に事欠かない。武侯祠の周辺は明清時代を模した建物が多く、雰囲気を醸し出している。 

夏開館時刻(5月1日至10月31日)8:00~20:00(19:00入場終了)
冬開館時刻(11月1日至4月30日)8:00~18:30(17:30入場終了)

入場料金:50元

住所: 四川省成都市武侯区武侯祠大街231号 
電話:86-028-85552397(代表)

撮影:李玲-武侯祠博物館
撮影:李玲-武侯祠博物館
撮影:李玲-武侯祠博物館
撮影:李玲-武侯祠博物館
撮影:李玲-武侯祠博物館
撮影:李玲-武侯祠博物館

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る